ログイン    
【校章の由来】 真ん中の御嵩富士を擬したペンは文化を、両側は翼を表し、大空に羽ばたく鳥の如く、文化国家の次の世代を担う子どもたちが大きく伸びるのを願ったものです。

メインメニュー
上中の教育
アクセスカウンタ
今日 : 8383
昨日 : 188188188
今週 : 271271271
今月 : 2768276827682768
総計 : 210014210014210014210014210014210014
お知らせ
更新情報
上中ニュース 家族を支える会「家族のきず ... (2018-12-3)
 可児モラロジー事務所主催「家族のきずなエッセイ」の表彰式が中公民館にて行われました。本校からは3名が入賞し、そのうち一人は優秀賞として、【御嵩町青少年健全育成推進員会賞】を受けました。親のありがたさを確認するだけでなく、自らが自立していくことで ...
上中ニュース 可児郡PTA研究大会 (2018-12-3)
上中ニュース 合唱練習 高まってきました (2018-12-2)
行事予定 大掃除 (2018-11-29)
行事予定 社会科研究授業 (2018-11-29)
行事予定 集中掃除 (2018-11-29)
行事予定 合唱中間交流 (2018-11-29)
行事予定 三者懇談 (2018-11-29)
上中ニュース 3年生 ”命”の授業 (2018-11-29)
上中ニュース ブラッシング指導 (2018-11-28)
学校便り 学校だより29年度5月号 (2017-5-1)

最近のニュース

    家族を支える会「家族のきずなエッセイ」表彰式

     可児モラロジー事務所主催「家族のきずなエッセイ」の表彰式が中公民館にて行われました。本校からは3名が入賞し、そのうち一人は優秀賞として、【御嵩町青少年健全育成推進員会賞】を受けました。親のありがたさを確認するだけでなく、自らが自立していくことで親との新たな良い関係が生まれることを示す内容で、さすがに義務教育修了を目前にした中学3年生らしい意見でした。本校からの入賞者はみな、返事や表彰での姿勢・態度も立派で誇らしい姿でした。様々な生活の場面で高みを目指してきたことの成果の一つでしょう。

    可児郡PTA研究大会

     可児郡PTA研究大会が行われ、本校のPTA役員は、PTA活動の一部を発表しました。上之郷中学校は、学校・家庭・地域が一体となってオール上之郷の態勢をとって生徒を育んでいるというのが今回の趣旨です。主に、上之郷中伝統の茶園活動を見直す活動・話し合いをPTA役員主導で行ったことと、生徒たちが力を入れている清掃活動を在宅型家庭教育学級として取り上げ実践したことを話題として、その経緯や工夫について斬新な映像とともに話しました。活動の途中にあった様々な努力や葛藤の跡も取り上げていただきました。聴衆の皆様には概ね好評だったようです。PTA役員の皆様、ありがとうございました。
     また、この日は、御嵩町笑顔条例標語コンテストの表彰も行われ、本校からの入賞者も表彰を受けることができました。

    合唱練習 高まってきました

     芸術の秋・・・ 春先から各学年で、そして全校で創り上げてきた合唱ですが、合唱祭を前にして大きな高まりを見せています。各教室で、音楽室で、多目的ホールで、体育館で・・・学校中から歌声が響いています。

    3年生 ”命”の授業

     3年生が家庭科の授業の一環で、御嵩町生涯学習課のご協力により、”命”の尊さを学ぶ授業を受けました。御嵩町防災コミュニティセンターにおいて、”命”に関わる講話、産道体験、妊婦体験、乳幼児のお母さん方との交流などを通し、自分たちが生まれてきたことのすばらしさや、産んでくれた親の思いや苦労を知ることにより、命を大切にしなければならないという思いに至ることができました。親や家族を大切にしようという気持ちや、仲間への思いやりなど、今まで以上にその必要性を痛感できるとてもありがたい内容であったと思います。岐阜医療大学の森先生、生涯学習課の皆様、交流していただいた御嵩町内のお母様方、どうもありがとうございました。

    ブラッシング指導

     町歯科衛生士さんのご指導により、各学年で口腔内ブラッシングの意義や技能を再確認しました。口臭や歯垢を防ぐための知識やブラッシング技能を学びなおし、3年生では技能検定にも挑戦しました。本校生徒は、小学生時代から「歯の健康」に関する意識は非常に高く保ってきているはずですが、さすがに日常の中で習慣になっていると毎回高い意識で磨いているとは言えない部分もあります。こういった見直し・再認識の機会はとても重要で、生徒たちも新鮮な気持ちでまた歯磨きに向かえることと思います。歯科衛生士の皆様、ありがとうございました。

    可児郡調査・研究員会 理科授業

     可児郡教研の調査・研究員会における研究授業を本校理科で行いました。題材は、「天気とその変化」単元の『前線とそのまわりの天気の変化』です。性質の異なる気団が接するとどのようなことが起こるかについて、水槽内を使った縮小モデルによって実験し、その様子をタブレットの活用により再現しながらよく観察する授業でした。現象からの思考・判断の仕方や集団での話し合い方、機器の活用法等について、多くの先生方に対する提案事項がいくつも示せたのではないかと思います。また、生徒もまじめにがんばりました。

    可児駅伝に向けて

     可児市・可児郡駅伝大会に、本校からは男子2チーム・女子3チーム・職員1チームが出場する予定です。ちょうど保健体育科の授業でも長距離走の単元が始まり、駅伝の出場選手にとってはちょうどよい練習にもなっています。この単元の初日には、可児ケーブルテレビから取材を受け、全員が自分を高めようと走る姿や、駅伝出場メンバーの意欲的な姿を撮っていただきました。小規模校ではありますが、何かに挑戦していこうとする気持ちは他校や市内・郡内の他団体に負けていません。駅伝も頑張りますのでご注目ください!

    上之郷公民館まつりへの参加

     11月25日(日)、上之郷公民館主催の公民館まつりに全校で参加しました。内容は、合唱2曲と俳句コンクールです。合唱はこれまで学年・全校で毎日練習を続けてきていますが、このまつりは校内合唱祭前の貴重な発表の場であり、地域の皆様に聴いていただく格好の場です。また、俳句は事前に全員が詠んで出品しておいたものを評価していただき、ここでは特選・入選作品の表彰をしていただきました。地域に育てていただいている学校として、こういった関わりは大切にしていきたいものです。

    人権集会を行いました

     人権教育に詳しい先生をお招きし、人を大切にすることについて学びました。今年は、様々な形で人権の在り方・守り方等について考える場をもっていますが、専門家から、新たな視点を教わったり忘れがちなことに気付かせてもらったりして学ぶのも大切なことです。集会では、講話だけでなく、ソーシャルスキルトレーニングの実例を交えて、分かりやすく学ぶことができました。上浦先生、ありがとうございました。

    小中合同資源回収

     11月17日(土)、上之郷小中合同による資源回収を行いました。秋は通例、春季よりも回収される全体量が減りますが、皆様のご協力により、ものによっては回収量が春を上回ったものもありました。地域の皆様、保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

検索
最近のおたより
ミニカレンダー
前月2018年 12月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
上之郷中ニュース

上之郷中ニュースは

携帯でも見られます。

リンク

 

 

 

 

御嵩町立上之郷中学校 〒505-0114 岐阜県可児郡御嵩町中切1785番地
電話 0574-67-0431(代) FAX 67-6432 E-mail kami-jh@mail.town.mitake.gifu.jp