ログイン    
【校章の由来】 真ん中の御嵩富士を擬したペンは文化を、両側は翼を表し、大空に羽ばたく鳥の如く、文化国家の次の世代を担う子どもたちが大きく伸びるのを願ったものです。

メインメニュー
上中の教育
アクセスカウンタ
今日 :
昨日 : 162162162
今週 : 162162162
今月 : 3467346734673467
総計 : 216071216071216071216071216071216071
お知らせ
更新情報
上中ニュース 平成30年度 合唱祭 (2018-12-18)
 12月15日(土)、本年度の合唱祭を行いました。練習の甲斐があり、どの学年も「伝えたい」という思いがよく表れた熱演で、『一心伝震』というスローガンを体現する内容でした。特に3年生の合唱は、校史に確実に足跡を刻むすばらしさで、参観者に感動を与えました ...
上中ニュース 御嵩町笑顔づくりサミット (2018-12-17)
上中ニュース 1年生環境学習 野外へ (2018-12-15)
上中ニュース 1年生環境学習 地域の方か ... (2018-12-15)
上中ニュース 全校 集中掃除 (2018-12-14)
行事予定 大掃除 (2018-11-29)
行事予定 社会科研究授業 (2018-11-29)
行事予定 集中掃除 (2018-11-29)
行事予定 合唱中間交流 (2018-11-29)
行事予定 三者懇談 (2018-11-29)
学校便り 学校だより29年度5月号 (2017-5-1)

最近のニュース

    平成30年度 合唱祭

     12月15日(土)、本年度の合唱祭を行いました。練習の甲斐があり、どの学年も「伝えたい」という思いがよく表れた熱演で、『一心伝震』というスローガンを体現する内容でした。特に3年生の合唱は、校史に確実に足跡を刻むすばらしさで、参観者に感動を与えました。今年は、ご来賓・茶園活動指導者の皆様、保護者、地域・一般参観の皆様を合わせ100名以上の参観者がありましたが、感想を残してくださった方全員がその感動を言葉で示してくださいました。合唱を柱に学校生活を送ってきた生徒たちにとっては、とてもありがたい言葉でした。
     ご高評をくださった広瀬先生、中島PTA会長様、ありがとうございました。
     文化面も高まってきた上之郷中学校は、残りの2学期、そして3学期も高みを目指し続けます。

    御嵩町笑顔づくりサミット

     笑顔づくりサミットが役場で行われ、本校より生徒会代表が3名参加しました。小中各校の人権学習や人権に関わる取組を交流し、共同で笑顔づくり宣言を行いました。本校でも、人権について考える時間を各学年でもったり、全校で人権集会を行って講師から学んだり、「にこにことぉーく」によって学年の枠を越えて話し合いをもったりするなど、人と人とが気持ちよく思いやりをもちながら生活することの大切さについて学びを続けています。このサミットにより採択された笑顔づくり宣言は、ぜひ学校内でも実践して広めていきたいものです。

    ◇中学校 笑顔づくり宣言
    『幸せを 自ら呼び込む 笑顔の力』
    一、仲間と積極的に関わり、互いに支え合おう
    一、仲間の良さに気づき、認め合おう
    一、相手の意見を尊重し、平等につき合おう

    1年生環境学習 野外へ

     1年生が御嵩町の自然環境の在り方を学ぶために、町内を歩きました。山、川、森林等を見ながら歩いていく中で、植物、動物、水質、ごみなど、人間と自然との共生を考えさせられるものたちについてよく観察してきました。御嵩町は美しい自然の風景がまだまだ多く見られることを痛感して帰ってきました。

    1年生環境学習 地域の方から学ぶ

     御嵩町の環境モデル都市推進室より講師をお招きして、町の環境改善の推進状況について学びました。CO2を削減するための様々な方途や、世界の状況との比較などから今必要なことなど、町民として知っておくべき実態と取組について教えていただくことができました。籠橋様、ありがとうございました。

    全校 集中掃除

     生徒会主催により、体育館とその周辺を中心に一斉掃除を行いました。人の手が普段及ばない場所や、空気の通りが悪いところなど、手が入れにくい場所はやはりほこりや塵、蜘蛛の巣など、様々なものがたまっています。この集中掃除は学期ごとに通例化してきて、能率が上がり、体育館内・周辺のほぼすべての箇所に手を入れて掃除することができています。さすがに掃除に力を入れてきた上之郷中だけのことはあります。

    合唱祭に向けて 高みをめざす

     各学年の合唱、そして全校での合唱は、それぞれのひたむきな練習や交流会を経て、高まってきています。合唱祭での発表を成功させる目的はもちろんですが、学校生活を創る柱の一つとして、高みをめざそうとする一人一人の思いが伝わってきます。

    家族を支える会「家族のきずなエッセイ」表彰式

     可児モラロジー事務所主催「家族のきずなエッセイ」の表彰式が中公民館にて行われました。本校からは3名が入賞し、そのうち一人は優秀賞として、【御嵩町青少年健全育成推進員会賞】を受けました。親のありがたさを確認するだけでなく、自らが自立していくことで親との新たな良い関係が生まれることを示す内容で、さすがに義務教育修了を目前にした中学3年生らしい意見でした。本校からの入賞者はみな、返事や表彰での姿勢・態度も立派で誇らしい姿でした。様々な生活の場面で高みを目指してきたことの成果の一つでしょう。

    可児郡PTA研究大会

     可児郡PTA研究大会が行われ、本校のPTA役員は、PTA活動の一部を発表しました。上之郷中学校は、学校・家庭・地域が一体となってオール上之郷の態勢をとって生徒を育んでいるというのが今回の趣旨です。主に、上之郷中伝統の茶園活動を見直す活動・話し合いをPTA役員主導で行ったことと、生徒たちが力を入れている清掃活動を在宅型家庭教育学級として取り上げ実践したことを話題として、その経緯や工夫について斬新な映像とともに話しました。活動の途中にあった様々な努力や葛藤の跡も取り上げていただきました。聴衆の皆様には概ね好評だったようです。PTA役員の皆様、ありがとうございました。
     また、この日は、御嵩町笑顔条例標語コンテストの表彰も行われ、本校からの入賞者も表彰を受けることができました。

    合唱練習 高まってきました

     芸術の秋・・・ 春先から各学年で、そして全校で創り上げてきた合唱ですが、合唱祭を前にして大きな高まりを見せています。各教室で、音楽室で、多目的ホールで、体育館で・・・学校中から歌声が響いています。

    3年生 ”命”の授業

     3年生が家庭科の授業の一環で、御嵩町生涯学習課のご協力により、”命”の尊さを学ぶ授業を受けました。御嵩町防災コミュニティセンターにおいて、”命”に関わる講話、産道体験、妊婦体験、乳幼児のお母さん方との交流などを通し、自分たちが生まれてきたことのすばらしさや、産んでくれた親の思いや苦労を知ることにより、命を大切にしなければならないという思いに至ることができました。親や家族を大切にしようという気持ちや、仲間への思いやりなど、今まで以上にその必要性を痛感できるとてもありがたい内容であったと思います。岐阜医療大学の森先生、生涯学習課の皆様、交流していただいた御嵩町内のお母様方、どうもありがとうございました。

検索
最近のおたより
ミニカレンダー
前月2019年 1月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
上之郷中ニュース

上之郷中ニュースは

携帯でも見られます。

リンク

 

 

 

 

御嵩町立上之郷中学校 〒505-0114 岐阜県可児郡御嵩町中切1785番地
電話 0574-67-0431(代) FAX 67-6432 E-mail kami-jh@mail.town.mitake.gifu.jp